メガネを作る手順

目に合ったメガネを作るために!視力検査

視力が悪くなってメガネが必要になった時、どのようにメガネを作るのか疑問に思ったことはありませんか。まずはレンズの度数を決めるために視力検査をします。メガネをかけてクリアな視界を手に入れるためにも、視力検査はしっかりと受けることが大切です。見えていないのに勘で答えてしまうと度数が合わなくなるため、「分かりません」などとハッキリ答えるようにしてくださいね。また、メガネをかける状況はどんな時なのかを説明するのもいいでしょう。もしかしたらスタッフの方から聞かれることもあるかもしれません。普段から視力のことについて気になっている点がある場合や、相談したいことがある場合などはスタッフの方に話しておくと安心です。

好みのタイプを探そう!フレーム選び

視力検査が終わったら、自分の好みに合ったフレームを選びましょう。フレームの大きさや、色、デザインなど様々なものがあるので、気になるものは実際にかけてみてくださいね。なりたいイメージに合ったものを選んだり、自分の顔の形に合ったものを選んだりするのもいいでしょう。一人で決められない場合は、スタッフの方に相談してみるのも一つの手ですよ。また、デザインだけではなく、メガネがずれにくいようになっていたり、壊れにくい設計になっていたりするものなど、機能性もチェックして選ぶことが大切です。フレームの軽さなども、メガネをかけた時の快適さと関係があるので確認してくださいね。メガネのフレームによって印象が大きく変わるので、慎重に決めると後悔する可能性も低くなります。

自分に合う眼鏡を選ぶときには、かけたときに黒目が真ん中に来ているかどうかをチェックするとわかりやすくなります。